海外インターンシップ

【高校生がドイツでインターンシップ】これぞドイツの都!!inベルリンVol20

internship

今日は昨日言っていた、首都ベルリンに行きました。

朝は7時の列車で行こうと思っていたんですが、起きたら7時でしたねw笑

多分昨日の疲れもあったんでしょう。

やば・・・

とは思いましたが、とりあえずインターネットで次のベルリン行きの時間を探すことに。

・・・

8時20分w

ツイてる!!

まさか1時間後にあるとは・・・。

ということでシャワーなどいろんな準備をし、駅へ。

朝食のパンを3つ買い、今までで1番長い車両のICEへ乗り込みました!

ベルリンまでは4時間かかりますw(北海道~東京間ぐらいの距離はあるかと)

ということで、どうしても席に座りたかったのです!

もちろん僕はお金がないので自由席ですw

素早く乗り込み、早歩きで車内の自由席で空いているところを捜索。

・・・空いている自由席はありませんでしたw

さすがに4時間座れないのはキツいw

と思った時、前に食堂車があるではありませんか!!!(食堂車とは、簡単に言えば列車内のレストランです)

train b

さらに席は沢山空いてますw

・・・もちろん座りましたよね。

ですが食堂車に座ったからには、何か注文しないといけません。

ということで朝食!

bf b

朝食は駅で買ったんですがw

追加でドリンクを頼んだりしながら、そこには2時間滞在しました!

なぜなら、僕にはここしか座る場所がなかったからですw

ですが、お勘定お願いしまーす

と、さすがにもうドリンクも飲めなくなったのでお会計。

・・・10ユーロ

パン一つとホットドリンク二回だけでですよw

ですが、その代わり2時間座らせてもらったんでOKです!笑

担当の方の対応もすごい良かったので、チップ含めて12ユーロ渡しました!

その後食堂車を出たは良い物の、僕には席がないので通路の床に座りました~

これも良い経験ですw

残り2時間はベルリンでのプランを練っていたので、意外とあっという間でしたね!

ベルリンは東京23区の1.5倍の面積があり、今までの街の中ではケタ外れに大きいです!

なので行きたいところを全部行くのは1日では不可能に近かったため、プランを練った結果今回は

「ベルリンの黒い歴史に触れよう!」

をテーマにしました!!

そこでルートを練っていると、目的地の中央駅で降りるより、終点の駅まで行った方が良いということがわかりましたが、僕は中央駅までの切符しか持っていません。

ドイツは車掌さんが検札に来るので、日本のような改札口はありません。

ということは車掌さんに見つからなければ、僕が中央駅で降りようが終点で降りようが関係ないわけです!

ですが見つかれば罰金60ユーロですw

一回降りてまた切符買って~

のように大変なことはしたくありませんでしたw

なんせ僕には時間がありません!(12時にベルリンに着き、6時にはフランクフルトに帰る予定)

ということで・・・

中央駅では降りず、終点まで行っちゃいました~。笑

view b

そこで初めて席に座れましたw

車掌さんも来なく、ラッキーでした!

そして終点のオスト駅に着き、とりあえず外で昼食です!

lunch b

このパンは本当なら朝食でしたねw

今日は天気が良く、外で食べるパンは美味しかったですね~

そして来ました、イーストサイドギャラリー!!

eastside b

ここはアーティストが描いた壁画部分の壁が保存されている場所です!

初めて見るベルリンの壁は圧巻でした!
  walls b

これは日本をイメージしたんですかね!?

bwall b

ですがなんかこの壁一つで同じドイツ人の生活環境が全然違い、多くの人がこの壁を越えようとして亡くなったと思うと、今までの観光名所とは少し見方も変わりました。

fac wall b

1番見たかった絵の前で得意の

「photo please OK?」

やりましたよw

男性の方、ありがとうございました!

気づいた方もいるかも知れませんが、前に言っていたデパートで買った物はこれですw

持ってきた2枚のパンツのうち一枚が、お尻の部分やいろんな場所から穴があき履けない状態になってしまったためですw

そして買うならやっぱりカラーパンツ、ということで。

自分では結構気に入ってます!!笑

イーストサイドギャラリーを後にし、近くの地下鉄に乗り込み次はユダヤ博物館に行きました!

eg b

ここではなんと日本語のボイスガイドをしてくれるiPod touchを借りることが出来ます!

recorder b

入場料含めて10ユーロしませんでしたw

博物館の中もなにも知識がない僕でもわかりやすく、とても勉強になりました。

デザインがどれも斬新でしたね!

 musium b

下の物は全て顔の形をしています。

しかも全て別の顔です。

face b

前に進むには人の顔を踏まなくてはならないんですね。

一つ一つ重い鉄でできていました。

この博物館では日本語のボイスガイドがあったお陰でナチスドイツ、そしてユダヤ人の歴史について深く知ることが出来ました。

ユダヤ人は大まかに言うと頭が良く、お金を周りより沢山持っていたため迫害されたそうです。

その妬みがどんどんエスカレートしていって大量虐殺、ホロコーストにまで発展しました。

ユダヤ人は服に黄色い布を縫い付けることが義務付けられており、その黄色い布には

"私はユダヤ人です"

とわかる言葉が書いてあります。

街に出ると一目でユダヤ人と分かるためです。

そしてユダヤ人は差別され、店に入ることも出来ません。

他にも沢山ありましたが、僕は1番ユダヤ人の虐殺が印象的でした。

ヒトラーはなぜここまでユダヤ人を嫌ったのでしょうか?

後に聞いた話では、ヒトラーの幼少期に理由があるそうです。

ヒトラーは貧しい家庭に生まれ、昔からお金のある裕福な家庭を憎んでいたそうです。

結果その憎しみの矛先がユダヤ人に行ってしまったのではないか、と教えてもらいました。

今ではほとんどドイツにユダヤ人はいなく、アメリカに行ったそうです。

本当に勉強になりました。

2時間も博物館に居ましたからねw

本当はこの倍の時間は居たかったんですが時間もなく、次に行きたいところも合ったのでユダヤ博物館を後にしました。

ここは本当にオススメです!!

日本の皆さん、ベルリンに来ることがあればぜひユダヤ博物館に行ってくださいね!

そして今度は歩いてすぐ近くの壁博物館へ

wall musium b

ここでは名前の通りベルリンの壁のことについて詳しく教えてくれます!

ここではボイスガイドはありませんでしたが、写真をみるだけで当時の様子がわかった気がします。

東から西へは地下に穴を掘ったり、気球や川を潜るなどして逃げました。

ですが逃げられたのはほんのわずかの人達で、後の人達は監視員に見つかり射殺されたそうです。

殺されるかもしれないのになぜそこまで逃げたかったんでしょうか?

多分僕の想像をはるかに越えるほど生活が苦しいものだったのだと思います。

ベルリンの壁が壊されて約20年、僕はこの歴史を沢山の方に知って欲しいと思いました!

壁博物館の前には、チェックポイントキャリーという境界線の検問所もありました!

cp b

今となっては観光名所で大人気です!

その後はベルリンの人気スポットの一つ、ポツダム広場へ

pp b

ここでもベルリンの壁を見ることが出来ました!

本当は少しお買い物しようと思ったのですが、さすが日曜日w

ほとんどのお店が閉まってましたw

ということでポツダム広場をすぐ後にし、これまた観光名所のブランデンブルク門へ

ad b

行く途中には、こんな面白い広告や(人ではなく人形ですw)

hc b

これはホロコースト記念碑という、殺されたユダヤ人のために作られた記念碑だそうです。

最初のインパクトは凄かったですw

見てわかる通りデザインがこれまた斬新です!

そして到着しましたよ!

ブランデンブルク門!!

gate b

本当は正面から撮りたかったのてすが・・・

b from back b

僕の行った時間帯はバッチリ逆光でしたねw

ここはベルリンの壁があった頃は東側の壁付近に位置しており、普通の人は近づくことも出来なかったそうですよ!

それが今では沢山のストリートパフォーマンスか行われています!

performance b

良い時代になりましたねぇ~。笑

帰る時間も近づいて来たので地下鉄で中央駅に帰ることに。

最初は6時に帰る予定でしたが、あまりに楽しくまだまだ時間が足りなかったため、帰りの列車を調べて8時に帰ることにしました。

station b

初めて中央駅をみたんですが、まぁーデカイw

多分ドイツの中では1番広いかとw

これぞドイツの首都ですね(^o^)

huge s b

地下も合わせて5階はありましたw

ショッピング施設も充実していて、

souvenir b

女性の皆さんのお土産はほとんどここで買いました!

さらにそこの店員さんと仲良くなりました!!

そこで気付いたんですが、

「私は日本人です!」

ってドイツ語で言うと、ほとんどの外国の方は意外と興味持ってくれて、話しが盛り上がるもんですよ!

今回は女性の方二人とお話させてもらったんですが、僕は片言のドイツ後で

「僕の両親は北海道で寿司屋をやっているのでぜひ来てください!」

と言うと、向こうの方が

「オォ!ホッカイドー!!」

「スシィ!?オリジナル??」

「グー!グー!」

「OK!ゴーホッカイドー!!」

みたいな感じでめちゃくちゃ楽しかったです(#^.^#)

最後には僕が

”ありがとう”

”いらっしゃいませ”

を日本語で教えちゃいました!

向こうの方は発音上手いですね~(^o^)

簡単に言えてました!

僕ならこの短い言葉でも噛みそうなのに・・・笑

そんな楽しいお二人ともさよならをし、食事へ

前回言っていた、レストランで you best No.1?を使って注文したかったので中央駅でレストランを探しましたが・・・

ないw

なんと中央駅はほとんどレストランがなく、あっても閉まっているという状態。

一つだけありましたが、そこは寿司のお店w

寿司屋でyou best No.1?と聞いて、一貫だけ出て来ても足りないよなw

と思い、時間もなかったのでパン屋さんへ。

bread dinner b

これでケルンと合わせ、一人旅の食事はすべてパンでしたねw

でも全部美味しかったんでOKです!

パンも食べ終わり、もう一度列車の時間を確認しようとしてビックリ!

さきほど調べた検索結果がフランクフルトからベルリンになっていたんですねw

さすがにこれには焦りましたねw

急いでベルリンからフランクフルトを調べました。

すると・・・

8時30分
ベルリン→フランクフルト

一安心ですww

ホントに僕はツイてます!

少し時間が余ったので中央駅近くの連邦首相府に行きました。

gov b

日本でいう内閣府ですね!

これまたデカイですw

ドイツは日本と比べて大きいものが沢山あるようですw

帰りはブログを書こうと思っていましたが携帯の充電がありません。

ですがICEの席にはコンセントがあり、僕は充電器を持って来ていました。

ということで帰りの列車は相席してでも席に座りたかったため、早めに駅へ。

そして楽しかったベルリンともさよならをし、ICEへ

ice b

周りの方より早めに乗って、席を探しましたが自由席のマークがありませんw

いやいやw

とか思いつつ結構歩き回りましたが、結局自由席のマークはどこにもありませんでした。

結局朝と同じ場所ですw

ですがどーしても携帯を充電したかったため予約席に人が来ないことを確認し、座ることに。

人が来たら、sorryと言ってどければいっか!

と思いましてね!

すると次の次の駅でもちろん人が来たので、sorryが早速出ましたw

僕の定位置、通路に戻って座りました。笑

でも結構居心地良いんですよ!

人がいなくて寂しい気持ちもありましたが・・・

そして別の人が列車を降りたのでその席ゲットです!

通路も良いですが、やっぱり席が1番ですねw笑

そしてやっと着きました~

列車が遅れたせいもありフランクフルトに着いたのは1時でしたねw

そしてホテルに帰ろうと思いましたが・・・

すべてのドアが閉まっているではありませんかw

オーマイガー!

後で聞いた話では1時を過ぎるとすべてのドアが閉まるらしいですw

いやいやいやいやいやいや

ドア閉まってたら帰れないじゃありませんか!!!!

駅で一泊することも考えましたが、よく考えると・・・

地下鉄から外に出れるのでは???

まずは行ってみよー!

ということで地下に降りると案の定、外に出られました!!

良かった~

いろいろ歩き回ったお陰でホテルに着いたのは2時半でしたけどね!!笑

~今日の1枚~

soccer b

さすがFIFAランキング2位のドイツ!!

と思った瞬間です!

そして前回後悔した

I ♡ KölnのTシャツありましまよね!

今回はベルリン!ということで

もちろんI♡Berlin

買いましたよ!

ですが買ってから思いました。

・・・

「これいつ着る?」

ということで部屋に飾って置きますw笑

それでは!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ムネ

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-海外インターンシップ

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.