マメ知識

【アメリカ留学生3人が本音で語る】大学入学前に語学学校は行くべきか?

ENGLISH SCHOOL

 

語学学校に行ってから留学するべきでしょうか?
英語は得意なので直接大学に留学するべきでしょうか?

 

私は留学に関する記事を書いているため、“これから留学を考えている学生・その親御さん”からこのような質問を聞かれます。

この答えを一言で言うならば、あなたの留学する目的・時間とお金・英語力によって語学学校の必要性は異なります

もしかしたらあなたは語学学校に行った方がいいかもしれませんし、直接大学に入学した方が良いかもしれません。

なので一概に、”大学に入学する前には語学学校に行くべきだ”とは言えないんです。

なぜ人によって最適のルートが異なるのか、今回の記事ではアメリカに留学中の現役大学生、卒業生、そして筆者の私の経験談から解説します。

今回協力してくれたのはこの方

遠藤 巧也(えんどう たくや)さんたくや

桐蔭学園高等学校を卒業しネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)に進学。現在はホテルマネジメント学科を専攻する大学3年生。

 

伊東 慧吾(いとう けいご)さんkeigo top

アスレチックトレーナーになるため高校卒業後にラスベガスの短大に留学。その後4年制大学に編入し、アスレチックトレーナー学部を卒業。現在はATとしてアメリカで活躍。

 

アメリカの大学に入学するためには?

アメリカの大学に入学するには出願書を出し、加えて以下の書類の提出、テスト結果で入学の合否が判断されます。

  • 高校の成績表
  • 高校の卒業証書
  • エッセイ
  • 英語力テスト(TOEFL, IELTS, SAT)など

英語力が足りない留学生に向けて、学校によってはESL Bridge Programと呼ばれる英語だけを勉強するプログラムが存在するので、このプログラムに入れば英語力テストの点数が低くても、語学学校に通わず入学できます。

しかしこのプログラムの費用は語学学校と比べ2倍以上高いため、英語力が足りない多くの日本人留学生は、日本または現地の語学学校に通ってから、大学入学を目指します。

語学学校には“英語に自信がない人”や、“大学に入学したくても英語力が足りない人”、”観光のついでに英語を勉強したい人”など様々な目的をもった学生が通っています。

自分の英語力で直接大学に入学できるのか?

英語力が足りなく語学学校に行かなくてはいけないのか?

まずはこれらを調べるところから始めましょう。

 

大学に入学するまでのルートと費用

今回紹介する3人は、別々のルートを経てアメリカの大学に進学しました。

それぞれのルート、入学までにかかった費用を見ていきましょう。

 

アメリカの大学へ進学したパターン

takuya 2
巧也さん
私は高校卒業後、語学学校へは行かず直接大学に留学しました

 

留学ルート

高校卒業→ ニチイ学館(エージェント)→ UNLV ESL Program→ UNLV 一般教養

 

入学するまでに掛かった費用

エージェント 約30万円
UNLV ESL Program (4ヶ月) 約120万円
生活費(学校寮) 約54万円
合計 約204万円
月平均 約51万円

 

takuya 2
巧也さん
高校卒業後に留学したいと思いましたが何もわからなかったので、エージェントの方にビザの取得から大学のリストアップまで、ありとあらゆることをサポートしてもらいました。

語学学校を経ずに大学に入学したものの、英語力が足りなかったので1学期だけESLのクラスを取り、英語テストに合格したので、次の学期から一般教養の授業を取りました。

 

海外の語学学校へ進学したパターン

けいご top
慧吾さん
私は高校卒業後、ラスベガスの語学学校に進学しました

 

留学ルート

高校卒業→ JTB(エージェント)→ ELSラスベガス校(語学学校)→ College of Southern Nevada 一般教養

 

入学するまでに掛かった費用

エージェント 約30万円
ELS (9ヶ月) 約160万円
生活費(ホームステイ+ルームシェア) 約100万円
合計 約290万円
月平均 約32万円

 

けいご top
慧吾さん
日本の語学学校に行ってもTOEFL(英語力を測るテスト)の点数を取れる自信がなかったので、一定のクラスをパスすれば大学に入学出来るシステムがあった、現地の語学学校に進学しました。

9ヶ月間語学学校に通った後、英語力テストを受けずに短大に入学しました。

 

日本の語学学校へ進学したパターン

応援団長 ビビッと
ムネ
高校を卒業した後、東京にある語学学校へ1年間行きました

 

留学ルート

高校卒業→ NIC International College in Japan(日本の語学学校)→ ネバダ大学リノ校 夏季講習→ College of Southen Nevada 一般教養

 

入学するまでに掛かった費用

NIC International College in Japan(1年) 約200万円
生活費(東京一人暮らし) 約120万円
ネバダ大学リノ校 夏季講習(3ヶ月) 約65万円
合計 約385万円
月平均 約26万円

 

応援団長 ビビッと
ムネ
アメリカでの明確な目的は決まっていましたが、英語力に自信がなかったため日本の語学学校に進みました。

東京の学校で1年間勉強した後、アメリカの大学の夏季講習に参加してから、希望していた短大に進学しました。

 

留学時のサポート

アメリカの大学に通うために必要なのは、応募書類やテストの結果だけではありません。

  • ビザをどうやって取るのか?
  • どこに住むのか?
  • どうやって生活するのか?

大学で勉強する以前に、別の国でどうやって暮らすのか知る必要があります。

語学学校へ行けばこういったサポートをしてくれる学校がほとんどですが、直接大学に留学する場合は、エージェントを通した方が様々なサポートをしてもらえます

こちらは私たちが実際に語学学校・エージェントから受けたサポートの一部です。

巧也さん (ニチイ学館) 慧吾さん (JTB+ELS) ムネ (NIC)
ビザ取得
入学手続き
航空券取得
編入手続き ×
銀行口座開設 ×
住宅の手配
卒業後の就職活動 × ×

 

1週間のスケジュール

続いては3人が通ったESLプログラム、または語学学校での1週間のスケジュールを見ていきましょう

  • 巧也さんのスケジュール(UNLV ESL Program)

takuya schedule

takuya 2
巧也さん
大学のESLではIntermediate とAdvancedの2つのレベルがあり、私はIntermediateからのスタートでした。

全部で4つのクラスに分かれ、多くても10人しかいない少人数制のクラスでした。

 

  • 慧吾さんのスケジュール(ELS Las Vegas)

けいご

 

けいご top
慧吾さん
1学期に4週間あり、最初に50分のクラスが2つ、その後2時間リーディングとグラマーのクラスがあります。

お昼休憩を挟んで、1日最後のボキャブラリーは大人数での授業でした。

 

  • ムネのスケジュール(NIC International College in Japan)

ムネ

応援団長 ビビッと
ムネ
私は午前のクラスでリーディング、ライティングを2時間勉強し、スピーキング、リスニングを2時間勉強しました。

授業は2クラスしかないものの、先生から出される毎日の宿題と予習に追われ、1日中図書館に籠もって勉強していました。

 

各ルートのメリット・デメリット

巧也さん (語学学校なし) 大学のESLから入学するルート

メリット

  • 編入手続きをしなくて良い
  • 難しい学部に入りやすくなる
  • 大学生活にすぐ慣れる

デメリット

  • 大学のESLは学費が高い

こんな人にお勧め

  • お金に余裕があり、出来るだけ早く卒業したい人
  • 英語力を早く伸ばしたい人

takuya 2
巧也さん
金銭面に少しでも余裕があるのなら、余計なステップは踏まずに直接大学に入学した方が、大学生活にも早く慣れますし、先生の話を聞き取れるようになります。

大学で真面目に勉強していれば自然と英語力も伸びてくるので、英語力よりも新しい環境に飛び込む勇気が大切です。

 

留学生の方がアメリカ人学生よりも平均成績(GPA)は高いですし、大学で良い成績を残すためには英語力よりも大事なものがあると思います。
けいご top
慧吾さん
応援団長 ビビッと
ムネ
直接入学した方が、確かにアメリカ人の英語にすぐ慣れますね。また4年制大学に入学しなくても、短大に入学すれば学費を半分くらい抑えることができます。

 

慧吾さん 現地の語学学校から入学するルート

メリット

  • アメリカ人が話す英語を聞き取れるようになる
  • 英語を話したい人が集まっているので、英語を話す機会に恵まれている
  • トッフルの基準点に達していなくても大学に入学できるシステムがある(※学校によって異なる)

デメリット

  • 語学学校に通う目的が生徒によって違うので、モチベーションを保つのが大変
  • 授業のレベルが簡単なので、大学に入ってからが大変

こんな人にお勧め

  • 高校を卒業して早く日本を出たい人
  • 出来るだけお金を掛けずに英語力を伸ばしたい人
  • 海外で生活出来る自信のない人
  • 大学に入学する前に英語力を伸ばしたい人

けいご top
慧吾さん
いくら日本で英語を勉強しても、現地の人たちのスピーキングに絶対ついていけませんし、英語力に自信がない人ほど、とりあえず海外に出てみることが大事だと思います。

語学学校は留学生ばかりなので他国との友達も出来やすく、英語を話す機会に恵まれています。

 

英語が話せなくて海外に出ると、現地の日本人としか話さなくなりそうだけど、意外と他の国の留学生(特にアジア系)の友達はすぐ出来るよね。
応援団長 ビビッと
ムネ
takuya 2
巧也さん
日本人は自分の英語に自信がないからあまり人前で英語を使わないですけど、語学学校の生徒は留学生ばかりなので、ある意味恥ずかしがらずに沢山英語を使えますよね。

 

ムネ 日本の語学学校を卒業して入学するパターン

メリット

  • 大学を卒業するための勉強法を学べる
  • 何かを成し遂げたいと言った、意識の高い人が周りに集まりやすい
  • 学校の先輩が現地でサポートしてくれる可能性がある

デメリット

  • アメリカ人の話す英語のスピードに慣れるのに時間が掛かる
  • 大学の卒業が遅れる

こんな人にお勧め

  • 英語上達だけでなく、英語を使って何かを成し遂げたい人
  • 英語力に自信がなく、留学前の準備をしたい人
  • 膨大な量の宿題・勉強をこなす自信のある人

 

応援団長 ビビッと
ムネ
1年間語学学校に通ってもちろん英語は沢山学びましたが、それ以上に大学で成功するための勉強法を学びました。宿題や予習量の多さに最初は苦労しましたが、1年も続けていると自然とその勉強スタイルに慣れてきます。

アメリカの大学を卒業するのは大変だと皆言いますが、卒業してみて私の語学学校の方が勉強量はハードでした。

 

意識の高い人ほど、留学を成功させるために日本で英語をやれるだけ勉強してから海外に出ようと思うのかもしれませんね。
takuya 2
巧也さん
けいご top
慧吾さん
自分と同じ語学学校に通った留学生は、挫折したりして途中で帰ってしまう人が多かったですが、日本の語学学校を経た生徒はちゃんと大学を卒業して帰国しているイメージがあります。

 

まとめ

これまで3人の留学ルートを紹介しました。

人それぞれルートが違い、“語学学校は必要ない”“語学学校はいくべきである”といった答えはありません。

あなたの留学する目的・時間とお金・英語力によって、大学入学までの最適のルートは異なるため、よく考え留学経験者からアドバイスをもらいましょう。

↓留学経験者の話はこちらから↓

takizawa san top
「夢を諦めそうなあなたへ」Texas Rangers アスレチックトレーナー 滝澤祐一さん

続きを見る

keita san top
「若者よ、世界に翔け!」東洋医師 関根啓太さん

続きを見る

sakura san top
「自分と向き合う」San Diego State University 人類学科専攻 小野さくらさん

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ムネ

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-マメ知識

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.