日記

5年間ジムに通って気づいた人生と筋トレは非常に似ているという話

筋トレ 肉体美

あなたはジムで筋トレをしたことがありますか?

私はアメリカ人の様ながっしりした身体になりたいと思いジムに行き始めたのが、筋トレとの出会いでした。

あれから5年が経ち、つい先日面白いことに気がついたのです。

  • 筋トレも人生も限界値の見極めが大切
  • 筋トレも人生も環境は大事だけど覚悟が全て
  • 筋トレも人生もリソースがないと頑張っても無駄

「あれ、人生と筋トレって面白いくらい似ているな」

そんなことから普段は留学や英語学習の情報を発信している私ですが、今回は少し変わって“人生と筋トレ”についての話をしたいなと思います。

限界値の見極め

筋トレ 限界値

筋トレをする人の目的は様々だと思いますが、例えば筋肉を大きくすることがあなたの目的だったとしましょう。

筋肉はトレーニングなどで刺激を受けた筋線維の一部が切れ、その後栄養を与えることで切れた筋線維が少し太くなって修復することで大きくなります。

筋線維の一部が切れるまでトレーニングすることが大事ですが、何も辛くない筋トレをしたところで、丈夫な筋線維はなかなか切れません。

自分がキツイと思ったところから筋線維が切れ始めるので、そこからが筋トレ本来の価値があるのです。

ですが今までガリガリだった人が筋肉をつけたいからと言って、いきなりジムに行って100kgのベンチプレスをしたらどうなりますか?

かなりの確率で怪我をするでしょう。

筋線維の“一部”を切ることが重要であって、限界値を遥かに超える重さでトレーニングすると肉離れや骨折をし、トレーニングが出来ない身体になるのは本末転倒です。

私たち人間が成長するのにも、バランスというのは非常に大切だと思います。

仕事を早く覚えたいからといって、四六時中働くと身体を壊しますし、大きな病気になってしまうかもしれません。

私も勉強や仕事で頑張りすぎて何度も体調を壊した経験から、自分の限界値を見極められるようになってきました。

筋トレや人生で成功するために大事なのは、自分の限界を少し超えるところで常に挑戦することではないでしょうか。

環境は大事だが覚悟が全て

筋トレ 環境

確かに家で腕立て伏せをずっとするよりは、ジムのマシンで筋トレをした方が効率は良いでしょう。

環境は、成長するために大きな影響力を持っているのに間違いありません。

ただそこに覚悟がなければ、環境を変えたところで何も変わらないでしょう。

ジムに入会して満足していては、理想の体型になれるはずがありません。

私たちは自分を変えたいからといって環境を変えたがりますが、「絶対に成功させるぞ」という覚悟が伴っていなければ、環境を変えても意味がないのではないでしょうか。

英語を勉強しにアメリカに来る留学生も同じです。

いくら英語が話せる環境にいても、日本人とばかり話していては英語力が伸びるはずがありません。

何をするにしても、覚悟がなければ環境を変えても成功するのは難しいでしょう。

リソースがないと頑張っても無駄

筋トレ 食事

週4日ジムに行こうが、1日中トレーニングしようが、リソース(材料または資源、資産)がなければ筋肉は大きくなりません。

トレーニングをするのと同じくらい(またはそれ以上)、栄養という名のリソースを取ることは筋肉を大きくする上で重要なのです。

どんなに腕の良い大工がいても、木材がないことには家が建てられないのと一緒で、どんなに良い設備でトレーニングしても栄養を摂取しなければ筋肉は大きくなりません。

人生に置き換えるとどうでしょうか。

私たちが成長して成功するためには、やはりお金、人脈、健康な身体というリソースが必要不可欠です。

貯金ゼロ、周りの人から信用ゼロ、身体もボロボロという状態の人がビジネスをやっても成功しないように、自分が成長するために最低限のリソースは必要なのです。

でも人生の方が圧倒的に筋トレより楽しい

ここまではいかに筋トレと人生が似ているかを話してきましたが、決定的に違うものがあります。

それは人生が計画通りに進まないことです。

筋トレは摂取カロリーを細かく計算して食事制限をし、トレーニングを継続していれば自分の理想の身体になることは難しいことではありません。

しかしどんなに人生設計を念密にしたところで、人生には必ずと言っていいほどサプライズが待っています。

結婚寸前だった彼女に振られたり、交通事故に遭ったりと悪いサプライズかもしれませんし、運命の人に出会ったり昇進が決まったりと良いサプライズかもしれません。

計画していた通りに行かないから、人生は本当に面白いなと思います。

おわりに

今回の記事は全て、私がジムで筋トレをしている最中に浮かんできたものでした。

筋トレやランニングなど、同じ動きを何度も繰り返していると自分の潜在意識(無意識)にアクセスできるようになり、自然と色んなアイディアが浮かんで来ることがあります。

ただ浮かんできたアイディアはすぐに消えてしまうので、メモを取ることが必須です。

運動すると良いアイディアに出会う機会が増えるので、そのためにジムに通うのもありかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ムネ

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-日記

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.