海外生活

アメリカに住んでいるのにまだ持ってないんですか?驚異の10%ポイント還元率を誇るDiscoverクレジットカードとは

discover icon

アメリカのクレジットカードは魅力的な特典が多いですよね。

「入会したら$200ボーナス、ポイント還元率一律1.5%・・・」

そんな誘惑にかられ、どうしたら留学生でもアメリカでクレジットカードを作れるのか調べました。

私は最初にクレジットカードを作ってから、今までに6枚のカードを所持してきたわけですが、今回はその中でも特に特典が多かった“Discover Credit Card”を紹介します。

Pros No.1:海外手数料無料

アメリカにいても、日本のオンラインサイトで買い物する人も多いのではないでしょうか?

アメリカで作ったクレジットカードで決済しようものなら、必ずといって支払わないといけないのがInternational Transaction Fee(海外利用手数料)です。

私もこの前日本のアマゾンで本を買おうと思ったら、海外利用手数料が・・・。

そんな中Discoverのクレジットカードは全て海外利用手数料$0です。

もし日本に一時帰国した時に使用しても海外利用手数料は発生しないというのはかなり使い勝手がいいのではないでしょうか。

Pros No.2:5%のポイント還元率

Discoverでは1年を通して5%のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

3ヶ月ごとにカテゴリーが変わり、カテゴリー対象店で買い物をすると5%のポイントがもらえます。

こちらが2020年のカテゴリーカレンダーです。 disover calender

1-3月:スーパーマーケット、ウォールグリーン、CVS
4-6月:ガソリンスタンド、Uber, Lyft, ホールセールストア(Costco, Sam’s clubなど)
7-9月:レストラン、ペイパル
10-12月:アマゾン、ウォールマート、ターゲット

カテゴリーごとに$1,500分までこのキャンペーンは適用されます。

Pros No.3:Cashback Match

ディスカバー キャッシュバック

名前だけ聞くと何かわからないこの”Cashback Match”

じつはこれ、入会してから初年度にもらったポイントの合計を、1年後にまたもらえるキャンペーンなんです。

なになに?どういうこと?

と疑問を抱く人もいると思うので、例を使って説明します。

あなたがDiscoverに2019年に入会してから毎月1,000ポイントずつ受け取ったとしましょう。

1,000ポイント×12ヶ月=12,000ポイント

1ポイント=$0.01として使えるので、あなたは1年間で$120分のポイントをもらったことになります。

それが2020年になると、なにも買い物しなくても$120分のポイントがまたもらえちゃうのです。

もし2019年の間にポイントを使ってしまっても、2020年に$120をもらうことが出来ます。

ということは初年度に5%キャッシュバックのカテゴリーで買い物すると、事実上10%のポイント還元ということがお分かりいただけるでしょうか。

さらに!

この”Cashback Match”の金額に上限はないんです。

1年目に合計$500をもらったら、次の年に$500がまたもらえます。

$1,000分のポイント貯めたら、次の年には$1,000・・・。

キリがないのでやめますが、このキャンペーンがいかに凄いか伝わりましたか?

私は実はこのキャンペーンの存在を知らないでDiscoverに入会しました。

そして一年後に届いたメールがこちら。

email from discover

「おめでとう!あなたは1年で$243.26分のポイント貯めたから、もう一度$243.26をあげます!」

これを見た時は嬉しい気持ちよりも、「ちゃんとこのキャンペーンを知っていたらもっとDiscoverを使っていたのに・・・」と後悔の気持ちの方が強かったです。

人間は欲深い生き物ですね。

なのであなたには後悔して欲しくありません。

このキャンペーンを知っているのに入会しないなんて、もったいないですよ。

Pros No.4:年会費無料

これだけの特典が付いていて、なんとこのDiscoverカード全8種類の年会費は無料なんです。

入会した年の特典が凄いので、1年目にどう上手く買い物しポイントを貯めるかがこのDiscoverをフル活用するカギです。

2年目以降も年会費無料ですので持っていて損はありませんし、私は5%キャッシュバック対象のお店のみで使う、“サブカード”として2年目以降も使い続けています。

Cons No.1:5%キャッシュバック対象のお店が変わる

「1-3月はスーパーマーケット、4-6月はガソリンスタンド・・・」

このように3ヶ月ごとに5%還元の対象が変わるので、覚えるのが面倒です。

私はDiscoverのアプリを携帯に入れているので、時々忘れないようにチェックしています。

Cons No.2:Discoverが使えないお店もある

確かにVisa, Master Card, American Expressなどと比べると、そこまでメジャーな会社ではないのでDiscoverが使えないお店もあるかもしれません。

なのでDiscoverの他に、VisaやMaster Cardも一緒に持ち歩くことをおススメします。

私の経験上アメックスが使えないお店はありましたが、Discoverが使えないお店はありませんでしたけどね。

Cons No.3:”Cashback Match”がいつなくなるか分からない

Discoverに入会する最大の目玉と言っても過言ではない”Cashback Match”ですが、ホームページにも記載されているようにいつなくなってもおかしくないのです。

この記事を読んだあなたは、もう私のように”Cashback Match”の存在を知らない訳ではありません。

今ならまだ、間に合いますよ。

Discover it® Cash Back - Apply Online - CreditCards.com

discover cards

まとめ

DiscoverのPros

  • 海外利用手数料$0
  • 5%のポイント還元率
  • Cashback Match:初年度にもらったポイントの合計を1年後にまたもらえる
  • 年会費無料

DiscoverのCons

  • 5%キャッシュバック対象のお店が変わる
  • Discoverが使えないお店もある
  • ”Cashback Match”がいつなくなるか分からない

Discoverは私が持っているクレジットカードの中でサブカードとして大活躍しています。

その他にもクレジットカードを何枚か所有していますが、シチュエーションごとに使うカードを変えています。

こちらで私の持っている年会費無料のクレジットカード他2枚を紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ムネ

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-海外生活

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.