海外生活

アメリカで歯医者に行くときに気をつけること

dentist with guy

こんにちは、ムネです。

私は毎年一回は必ず歯医者でクリーリングを受けるようにしています。

先日歯医者に行くと虫歯があることを知りました。

そこで後日虫歯を治した時の請求書がこちらです。

歯医者 請求

$217(約3万円)!!

1つ虫歯を治療しただけなのに、保険に入っていないと3万円もするんですね。

アメリカには日本のように国民保険はなく、各個人で保険は加入することになっています。

歯医者なんて一年間に一度お世話になるかどうかなので、保険には入っていない私ですが、久しぶりに歯医者に行くと、日本との歯医者の金額の違いには毎回驚かされます。

そこで今回はアメリカで歯医者に行く時に気をつけてほしいことをテーマにお話しします。

結論から言うと、歯医者の話をうのみにせず、疑問に思ったら必ずセカンドオピニオンを聞くことが大事です。

私の虫歯が発覚してからのストーリーと混ぜながら、セカンドオピニオンの大切さを紹介して行きます。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、日本語に直訳すると“第二の意見”

特に医療の面で多く使われる言葉ですが、より良い決断をするために第三者の意見を聞きましょうという意味です。

例えば、あなたが胃が痛いと思って病院に行ったら、病気が見つかり手術の宣告をされたとしましょう。

あなたは疑問に思い他の病院でも診てもらうと、確かに病気はあるが薬で完治するもだと教えられるかもしれません。

セカンドオピニオンを聞いたことで、手術をしなくてもあなたの病気は治るかもしれないのです。

特に医療の面でセカンドオピニオンを聞くことは、良い決断をするために患者が必ずしなくてはならないことと言われています。

歯医者でもらった見積もりが30万円

shocking glasses

ここからは私が経験した歯医者でのお話を紹介させて下さい。

実は最近引越しをし、家の近くの歯医者へクリーニングをしに行くと、虫歯が何箇所かあるよと教えてもらいました。

アメリカの歯医者では虫歯治療をする前に必ず見積書をもらってから、実際の治療をするか決めます。

その額なんと30万円!!

ディープクリーニング1万、虫歯治療7万、歯にかぶせるクラウン20万・・・と治療しなければいけないものがずらりと並んでいます。

毎年歯のクリーニングは行っていますし、去年クリーニングを行った時に虫歯治療は全て終わっているはずだったので、一年でそれほど虫歯が増えたのかと驚きました。

分割の支払いも出来るよと優しく教えてくれるのですが、この見積もりに疑問を抱いたので、セカンドオピニオンを聞きたいと言い、その歯医者を後にしました。

行きつけの歯医者でセカンドオピニオンを聞く

本当に30万円も支払わないといけないのかと疑問に思った私は、かかりつけの歯医者でもう一度診てもらうことにしました。

そこで言われたのは、

「今治さないといけないのは上の歯の虫歯だけだね、確かに虫歯になりそうな所はあるけど今は問題ないから様子をみよう。」

かかりつけの歯医者からの見積もりは3万円でした。

30万円と3万円、えらい違いですよね。

確かに虫歯予備軍を全て取り除くと30万円くらいするのかもしれませんが、私はそんなお金もなかったのでかかりつけの歯医者で虫歯の治療をお願いしました。

セカンドオピニオンを聞いたお陰で、結果として27万円も節約することが出来ました。

留学生に伝えたいこと

まずお伝えしたいのは、アメリカの歯医者で治療すると本当に高いので、一時帰国する時には歯医者で診てもらうことです。

保険が適用される日本で虫歯を治療をすれば3000円くらいで済むところを、アメリカで治療するとその10倍お金が掛かることもざらにあります。

日本に一時帰国する時には、痛みがなくとも必ず歯医者で診てもらうことを勧めます。

そして、虫歯が出来ないように歯のケアをすること。

こちらは私がかかりつけの歯医者でオススメされた歯磨き粉、洗口液、デンタルフロスです。

私も全て愛用していますが、虫歯になるのが本当に減りました。

アメリカ人の歯があんなに綺麗なのは、虫歯予防をしっかりしているからだと思います。

そしてもしアメリカで歯医者に行くことがあれば、セカンドオピニオンを聞く癖をつけましょう。

アメリカでは検診だけなら無料でやってくれる歯医者も多いです。

『ここまで診てもらったのに、セカンドオピニオンを聞きたいなんて言いづらいな・・・』

と思うかもしれませんが、アメリカでは皆やっていることなので気にしなくて大丈夫です。

あなたが英語をうまく喋れないことにつけこみ、治療しなくても大丈夫なことを請求してくる歯医者も稀にいるので注意して下さい。

もしあなたが見積もりに疑問を持ったら、必ずセカンドオピニオンを聞くようにしましょう。

まとめ

  • セカンドオピニオンとは、(特に医療面で)より良い決断をするために第三者の意見を聞くこと。
  • 歯医者の意見、見積もり、何かに疑問を感じたら他の歯医者にも診てもらう習慣をつける。
  • あなたの英語力につけこみ、無駄に高く請求してくる歯医者もいるので気をつける。

出来るだけ虫歯にならないように予防するのが一番大事ですが、もし虫歯になった際には複数の歯医者で診断だけでもしてもらうことをオススメします。

そして見積もりが10万を超えるくらいだったら、日本に一時帰国して歯医者に行った方がお金を節約出来ますよ。

この記事を書きながら、もっと歯のケアをするように自分に言い聞かせている筆者であります。笑

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ムネ

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-海外生活

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.