海外生活

近年日本でも人気のハロウィン、本場アメリカのハロウィンは凄い盛り上がり

ハロウィン ふれもんと

Halloween is an opportunity to be really creative. – Judy Gold
ハロウィンは想像力を働かせるのに最高の機会。- ジュディ・ゴールド

アメリカのハロウィン

10/31日はハロウィンの日でしたが、皆さんなにか特別なことはしましたか?

日本でも近年注目を集めているイベントですが、アメリカでは子供から大人までが参加できるイベントとして昔から楽しまれています。

子供は仮装をして近所の家に行き、トリックオアトリート(お菓子をくれないとイタズラするぞ)と言って、お菓子をもらいます。

住宅街に住んでいる人たちは子供達が仮装をして来るのを知っているので、この日のためにお菓子を大量に準備するんですね。

ここで面白いのが、大人も仮装をしていればお菓子をもらう事が出来ます(私もアメリカに来た年は仮装して30個くらいのお菓子をもらいました)。

次の日学校で子供達が盛り上がる話といえば、トリックオアトリートでどんな物をもらったか。

私の聞いた話では、お金をもらった子、歯磨き粉をもらった子、ヒスパニックのお家に行ったらタコスをもらった子など、お菓子以外をあげるお家もあるそうです。タコスは面白いですね。

大人も年齢問わず、皆仮装を楽しむイベントになっています。

私もハロウィンは大好きなイベントで、ほぼ毎年仮装をして参加しています。

ぴかちゅう ハロウィン

バタフリー ハロウィン

ひわいな仮装が多い私ですが、アメリカ人には毎年大ウケです。

仮装をしながら働く

そんなハロウィン大好きな私ですので、今年は自分のお店でコスチュームコンテストを開き、従業員にも仮装して働いてもらいました。

もんた茶屋 店内

店内もハロウィン仕様になっています。

もんた茶屋 店内 ハロウィン

もんた茶屋 カウンター

コンテストの1位は$50、2位でも3位でも$25ということでみんな張り切って仮装していました。さらに仮装の質が高いこと。

この忍者はお店の料理長です。

もんた茶屋 フランクリン

こうやってトップの人間もちゃんと仮装するのはアメリカらしいなと思います。

この仮装でラーメン作っている所は最高に面白かったですね。

他にも皿洗いをしているヴァンパイア。

茶屋 ナンシー

前菜を作っているかかし。

茶屋 フランシスカ ハロウィン

ネギを切っている猫。

茶屋 ブランカ ハロウィン

仮装をしても仕事は仕事、皆真剣に働いていました。

今年は従業員全員参加のハロウィンでした(ちなみに私は宇宙飛行士)。

茶屋 ハロウィン 全員

今回は私のレストランを紹介しましたが、アメリカの会社でもハロウィンは仮装して出勤出来る所が多いです。

夜は街の中心部へ

仕事を終え、夜はラスベガスの中心部フレモントストリートにやってきました。

フレモントストリート ハロウィン

ハロウィンということで凄い人の数です。

夜は私も着替えてドラゴンボールのフリーザーになりました。今回はほぼ無理矢理後輩をピッコロにさせ、ドラゴンボールコンビでの参加です。

ハロウィン コンビ

やはり世界に日本が誇るアニメ、ドラゴンボールだけあり写真を一緒に取ってくれとのリクエストが多いこと。

フレモント ウィッチ

5-10分歩けば誰かしらには声をかけられていました。

ハロウィン フレモント

特にメキシコ人は小さいころドラゴンボールを観て育った人が多いため、彼らからは大盛況。

色んな人種がいる中で、声を掛けられた3割はメキシコ人でしたね。

フレモント ハロウィン メキシコ

私もドラゴンボールを二つぶら下げて、“あと5個ドラゴンボールが手に入ったら、この星は終わりだ”というジョークがアメリカ人には大ウケでした。

今年のハロウィンも最高に楽しかったですね。

まとめ

  • アメリカのハロウィンは年齢を問わず、子供から大人まで楽しめるイベント。
  • ハロウィンは仮装しながら働ける、1年間で唯一の日。
  • ドラゴンボールの人気はアメリカでも健在。

正直な所私は自分の仮装を半年以上前から考え、入念に準備します。

特に毎年やっていると、ネタが無くなってくるのでそこでいかに想像力を働かせるかが問われます。

人間誰もが安定を求め、そこで満足しがちですが、想像力が無くならないように常に意識することはハロウィンの仮装だけでなく、自分を高める上で大事な事です。

私は既に来年は何をしようか考え始めていますので、何か良いアイディアがあれば教えてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
ムネ

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-海外生活

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.