海外ドラマ

海外ドラマThe Officeから学ぶ”Big deal”の意味と7つの使い方

the office big deal

 

Big dealは「大ごと」「すごい事」という意味合いで使われます。

アメリカでこの言葉を聞かない日はないんじゃないかというほどよく使われている言葉で、様々なシーンで使われています。

そこで今回は、海外ドラマThe officeの中でどのような意味合いでbig dealが使われているか紹介します。

 

It’s not a big deal「大した事じゃないよ」

(0:16~)

Pam: Once a year they bring in a little cart and they give away free pretzels. It’s really not a big deal. To some people it is.

「一年間に一度、彼らが小さなカートをひいて無料のプレッツェルを配るのよ。全然大した事じゃ無いんだけど。ある人たちにとっては大したことみたい。」

「大した事じゃないよ」はBig dealが一番使われる意味合いで、日常会話でよく登場する便利な表現です。

私もアメリカで仕事をしていてこのフレーズをよく使います。

 

 

Wht’s the big deal?「何が問題なの?」

(4:17~)

Michael: I honestly don’t see what the big deal is. Stevie Wonder is married. Are you going to tell me that Stevie Wonder doesn’t love his wife just because he’s not sure what she looks like?

「正直何が問題なのか分からないよ。スティービー・ワンダー(盲目の歌手)は結婚してるよね。奥さんの見た目を知らないからスティービー・ワンダーは奥さんを愛していないって言うのか?」

マイケルはパーティーに連れてきたウェイトレスを好きになりますが、酔っ払ってどちらの子を好きになったか分からなくなった(大抵のアメリカ人にアジア人の見分けはつかない)ことからこんな発言をしました。

What’s the big deal?は「何を大騒ぎしているの?」「それがどうしたの?」と相手が騒いでいることに対し反対する時に使う表現です。

 

Make a big deal about~「(何でもない事)〜を大ごとにする」

(2:58~)

Phyllis: I have diabetes too. You don’t see me making a big deal about it.

「私だって糖尿病なのに。私がそれそ大げさにしたことなんて見たことないでしょ。」

同僚のスタンリーが会社のパーティーで“糖尿病賞”を受賞したことからフィリスがこんな発言をしました。

Make a big deal about~(make a big deal out of~)で「些細なことを大げさにする」という表現になります。

 

○○is a big deal「誰誰はすごい人だ」

https://youtu.be/4timuAnUnG4?t=335

(6:23~)

Toby: Guys, it’s a really big deal.

「みんな、この人は本当に有名人だぞ。」

トビーが裁判の陪審員に選ばれ、同僚たちがどの事件を担当するか聞いている時のフレーズ。

陪審員はどの事件・容疑者を担当するか言えないため、トビーは「大物」「みんなも知っている人」という表現でbig dealを使っています。

 

Big deal「はいはい、そうなんだ」

Michael: If you left, I wouldn’t have to fire anybody.

「もしお前が辞めれば俺は誰も解雇しなくてすんだのに。」

Dwight: But then you wouldn’t have me here.

「でもそれだと俺がいなくなってしまうじゃないですか。」

Michael: Big deal. Oh, it would’ve worked out so well.

「はいはいそうだな、あーあお前が辞めてたら全部が上手くいったのに。」

会社から人員削減を命じられていたマイケルの元へ、ドワイトが「新しい仕事のオファーがあった」と伝えにきます。

マイケルはこれで誰も解雇せずに済んだと思いきや、ドワイトはそのオファーを蹴ったと言うのです。

「自分がこのオフィスには必要だろ」というドワイトに対して、マイケルが皮肉っぽく「そうだな」という意味合いでbig dealを使ったシーンです。

 

That’s a big deal!「それはすごいよ!」

(2:08~)

Pam: I won an art contest today.
「今日アートコンテストで優勝したんだ。」

Jim: No way! All right Pam. Congratulations.
「まじか!おめでとう!」

〜〜〜〜〜

Jim: Yeah. Can I see it when I get back?
「帰ってきたら見て良い?」

Pam: Yeah.
「いいよ。」

Jim: Congratulations.
「おめでとう。」

Pam: Thanks.
「ありがとう。」

Jim: Big deal.
「すごいな〜。」

パムがアートコンテストに優勝したとジムに報告した時の一言。

ジムが最後に一言添えたように、「すごい事だね!」「さすが!」など相手を祝福する時にもbig dealは使えます。

 

No big deal「気にしないで」

Michael jan

Jan: Oh, Michael. Thank you again for that, really. It was very nice.
「マイケル、さっきはありがとう。とても嬉しかったわ。」

Michael: Oh, no big deal. Really.
「全然気にしないで。」

残念ながらこのシーンの動画はありませんでしたが、ジャンがマイケルの行動に感謝を伝えたシーンです。

マイケルは「気にしないで」という意味合いでNo big dealを使っていますね。

 

まとめ

  • Big dealは基本的に「大げさ」という意味。
  • その時の状況、使い方次第でbig dealの意味合いは変わってくる。

The officeでも様々なシーンで使われているよう、Big dealは日常会話によく登場します。

ネイティブが話す日常会話を勉強するには、海外ドラマがお勧めです。

 

 

おすすめ
海外ドラマ 英語を話す
海外ドラマを繰り返し観ることで英語が話せるようになるってホント?

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

YouTube始めました!

ムネ

高校卒業時はTOEIC300点でしたが、気合いと根性でネバダ州立大学ラスベガス校(UNLV)を4年で卒業。アメリカの会社からE-2ビザを取得しラーメン屋店長になるも、2年後にコロナで解雇。現在はロサンゼルスのレストランで働いています。 Facebook・Twitterで最新記事をお届けします。
詳しいプロフィールはこちら

-海外ドラマ

Copyright© 留学応援団 , 2020 All Rights Reserved.